ブログ

愛されるブログ名(タイトル)の付け方【失敗しないネーミングのコツ】

2020年6月16日

 

悩める人
ブログを立ち上げたいんですがどんなブログ名にすればいいんでしょうか?

ブログ名の付け方にコツやポイントなどがあれば教えてほしいです!

 

この記事ではこんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • ブログ名(ブログタイトル)の付け方 7つのコツ【実例あり】
  • ブログ名(ブログタイトル)を決める具体的な手順

 

当記事の信頼性

僕もブログ名を決定するにあたりすごく悩みました。

 

この記事では、僕がブログ名を付けるにあたり実際に実践した方法をお伝えします。

 

ブログ名(ブログタイトル)の付け方 7つのコツ

 

それでは早速、ブログ名の付け方のコツを見ていきましょう。

 

ブログ名の付け方のコツは下記の通りです。

 

  • 自分が愛着の持てるものにする
  • 出来るだけ短くする
  • 語呂のよいものにする
  • 単語を組み合わせる
  • テーマが思い浮かぶものにする(特化ブログ)
  • 自分の名前を入れる(個人ブランディング)
  • センスで勝負する

 

実例も交えながら1つづつ解説します。

 

コツ①:自分が愛着の持てるものにする

最初から少し残酷なお話をしますが、ブログの継続率は1年で30%・2年で10%と言われています。

 

ブログ運営を続けることは決して楽しいことばかりではなく、何度も心が折れそうになることもあります。

 

そんな時に大事になってくるのが「自分のブログを愛せるかどうか?」という点なんですね。

 

覚えやすかったり、他の人から見られる印象というのも大切ですが「自分が心から愛着の持てるブログ名」であるという点もブログを続ける原動力になる大切なポイントです。

 

コツ②:出来るだけ短くする

ブログにファンが付いてくると、ブログ名で直接検索をされるようになります。

 

そんな時にブログ名が短い方が単純に覚えやすいしググりやすいです。

 

後ほど紹介する「センスで勝負する」場合は例外ですが、基本的には短いブログ名の方がメリットが多いです。

 

出来れば5文字以下、長くても10文字以下にブログ名を設定しましょう。

 

短いブログ名の例

 

コツ③:語呂のよいものにする

発音しやすく、心地よいリズムであるというのも重要なポイントですので、語呂のよいブログ名だとGoodです。

 

実際に人に自分のブログ名を伝えるときも、語呂がいい方が伝えやすいですよね。

 

ちなみに4文字の法則というものがありまして、日本人は4文字の響きに心地よさを感じるようです。

 

・ドラゴンクエスト → ドラクエ

・ヤフーオークション → ヤフオク

・プレイステーション → プレステ

・コンビニエンスストア → コンビニ

・パーソナルコンピュータ → パソコン

・Mr.Children → ミスチル

・official髭男dism → ヒゲダン

 

実際にたくさんの言葉が4文字に略されていますね。

 

ブログ名も4文字にすることで覚えやすく、心地よさを感じてもらうことが出来ます。

 

語呂のよいブログ名の例

 

コツ④:単語を組み合わせる

単語を組み合わせるというのもポイントのひとつです。

 

世の中にある商品やサービスも単語 × 単語の組み合わせで出来ているものがたくさんあります。

 

・mixi = mix(交流する)+i(人)

・GROUOPON = グループ+クーポン

・食べログ = 食べる+ログ(記録)

 

単語 × 単語のネーミングは語呂がいいものが多いのも特徴ですね。

 

単語 × 単語のブログ名の例

ヨッセンス = ヨス(運営者)+ センス

manablog = マナブ(運営者)+ ブログ

 

コツ⑤:テーマが思い浮かぶものにする(特化ブログの場合)

 

雑記ブログの場合は当てはまりませんが、特化ブログの場合はパっとブログ名を見ただけで何のブログか分かるというのも大切なポイントです。

 

雑記ブログ?特化ブログ?何それ?って人はこちらの記事をどうぞ

⇒ 雑記ブログ or 特化ブログどっちがいいの?【結論:プチ雑記ブログがオススメです】

ブログテーマを1つだけに絞ると既に決めているという人は、この方法でブログ名を決めるのがオススメですね。

 

テーマが思い浮かぶブログ名の例

 

コツ⑥:自分の名前を入れる(個人ブランディング)

 

年々 マネタイズ方法の種類は増え、ブログで稼ぐだけではなく、ブログを情報発信の基盤として様々な方法で収益化するという人が増えています。

 

ブログだけでなく、将来的にはYoutubeやSNS・自己商品(noteなど)の販売など様々な方法で稼ぎたいという人は、自分のファンを増やしやすくなるためブログ名に自分の名前を入れるのがオススメです。

 

自分の名前をブログ名に入れることで、ブログではなく、自分自身にもファンがつきやすくなるという個人ブランディングの効果があります。

 

自分の名前を使ったブログ名の例

八木仁平公式サイト(八木仁平さん)

gori.me(g.O.R.iさん)

YOZAWA TSUBASA BLOG(与沢翼さん)

 

コツ⑦:センスで勝負する

 

言葉のセンスには自信があります!

 

こんな人はセンス溢れるブログ名をつけましょう!

※自信がない人は他の方法が無難です。

 

センスあるブログ名のメリットはなんといっても相手の心に刺さり覚えてもらいやすいという点ですね。

 

ワードはキャッチーだけどどんなブログかのイメージはなんとなく想像できるというバランス感が大切になってきます。

 

 

ブログ名(ブログタイトル)を決める具体的な手順

 

ここからは実際にブログ名(ブログタイトル)を決める具体的な手順について説明していきます。

 

ブログ名を決める手順は、

 

step
1
ブログのテーマ・コンセプトを決める

step
2
思いつく限りのキーワードを書き出す

step
3
候補をいくつか出す

step
4
ブログ名を決定

 

の流れに沿って進めていきます。

 

試しに上記の流れに沿って実際にブログ名を付けてみましょう。

 

シーンは下記を想定してみます。

作るブログ:家計の節約情報を発信するブログ

作る人の情報:主婦歴10年、特技が節約のA子さん

 

それでは実際にブログ名を考えてみましょう。

 

STEP1:ブログのテーマ・コンセプトを決める

 

まずはブログのテーマ・コンセプトを決めましょう。

 

会社で言う「企業理念」にあたる部分ですね。

 

ブログを読んでくれる人のどんなや悩みや課題を解決したいか?どんな風に役に立ちたいか?という視点で考えればOKです。

 

無理せずラクに誰でもできる、主婦歴10年で培った節約術を発信するブログ

 

こんな感じでしょうか。

 

STEP2:思いつく限りのキーワードを書き出す

 

次に思いつく限りのキーワードを書き出しましょう。

 

連想類語辞典関連キーワード取得ツールなどを使えば関連するキーワードを探しやすいです。

 

また同じジャンルのブログがどんなワードを使っているかググってみるのも参考になります。

 

ここで重要なのはとにかく数を出すことです、思いつく限りのキーワードを出していきます。

 

節約/節約術/ミニマリスト/コスト/削減/スリム/引き締める/ダイエット/圧縮/減らす/お金/マネー/家計/財布/貯金/貯まる/お金持ち/やりくり/生活/暮らし/レシピ/アイデア/技/スゴ技/テクニック/ライフ/ライフハック/コントロール/ノウハウ/知恵/メモ/知識/コツ/スキル/ハウツー/虎の巻/ブログ/メソッド/主婦/ママ/私/A子/簡単/ラク/らくちん/シンプル/秘密/味方/コツコツ/効く/レスキュー/お助け/チリツモ/ケチ/マイホーム

 

ある程度キーワードが出たら次のステップに進みます。

 

STEP3:候補をいくつか出す

 

ブログ名の付け方のコツで説明した方法でキーワードを膨らませていきましょう。

 

組み合わせる・短くする・語呂を考える・テーマを入れてみる、いろんな角度から考えてみましょう。

 

こんなブログ名を思いつきました。

 

・A子のらくちん節約術

・ママの味方

・貯まるブログ

・家計レスキュー隊

 

STEP4:ブログ名を決定

 

候補の中から一番愛着の持てそうなブログ名を選べばOKです。

 

一番「貯まるブログ」がピンときました。

 

語呂もよく、貯まる → 節約が連想出来るのでOKですね。

 

まとめ:愛着の持てるブログ名を見つけましょう

 

この記事ではブログ名(ブログタイトル)の付け方のコツと具体的な手順について解説しました。

 

一度決めたブログ名は使い続けるのがベストですが、ブログ名は後から変更することも可能ですので気軽に考えればOKです。

 

愛着の持てる素敵なブログ名を付けましょう!

-ブログ

© 2021 KOUBLOG