ブログ

ブログ記事を劇的に見やすくする8つのポイント【記事が見づらい原因はこれ】

2020年6月23日

 

悩める人
ブログを書き始めては見たんですが、なんだか自分が書いた記事が見にくいです。

記事を見やすくするポイントなどがあれば教えてもらいたいです。

 

この記事では、そんな悩みにお答えします。

 

ブログ記事はちょっとしたポイントを意識するだけで劇的に見やすくなります。

 

先に結論からお伝えすると、ブログ記事を見やすくするポイントは下記の8つです。

 

ブログ記事を見やすくする8つのポイント

  • 目次を設定する
  • 見出しを正しく設定する
  • 適切な位置で改行を入れる
  • 漢字とひらがなのバランスを考える
  • 重要なポイントは太字にする
  • 装飾やボックスをうまく使う
  • カラフルにし過ぎない
  • 適切な画像を挿入する

 

それでは早速見ていきましょう。

 

ブログ記事を見やすくする8つのポイント

 

ブログ記事を見やすくするポイントは全部で8つです。

 

どれも簡単に出来ることばかりですので、記事を書くときは意識して実行するようにしましょう。

 

ポイント①:目次を設定する

 

どんな本でも一番最初に必ず目次がありますよね?

 

読者は目次を見ることで「この記事にはどんなことが書いているのか?」ということを素早く理解できる為、ブログ記事にも目次は設定しましょう。

 

WordPressならプラグイン「Table of Contents Plus」で簡単に綺麗な目次が作成できます。

 

目次を見ただけで記事の内容が全て理解できるというのが見やすい目次なので、次に説明する見出しを綺麗に並べて、見やすい目次を目指しましょう。

 

ポイント②:見出しを正しく設定する

 

見出しは正しく設定出来ていますか?

 

綺麗に見出しが並んでいると、読者も書かれている内容のポイントを理解しやすく、要点をつかみながら記事を読んでいくことが出来ます。

 

また、google公式でも、下記の通り見出しタグを正しい順序で付けることを推奨していますのでしっかりと理解しましょう。

 

見出しタグを使用して重要なテキストを強調する

一般に、見出しタグはタグに囲まれているテキストをページ上の通常のテキストよりも大きく表示するため、ユーザーにとってはそのテキストが重要であるという視覚的な手がかりとなり、見出しテキストの下に続くコンテンツの内容について理解しやすくなります。複数の見出しサイズを正しい順序で使用すると、コンテンツの階層構造が作成され、ユーザーがドキュメント内を移動しやすくなります。

引用:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

 

H2とかH3とか言われてもよく分からないんだよね...

 

という人は下記の通り設定すればOKです。
 

H1・・・記事のタイトル

H2・・・コンテンツの重要なポイント(要所)に使う

H3・・・H2を細分化して説明するときに使う

H4・・・H3を細分化して説明するときに使う

 

見出しはH6までありますが、あまり細かすぎても見づらくなりますので、基本的に使うのはH4ぐらいまでがオススメです。

 

また、見やすくするため見出しのデザインにもこだわりましょう!

⇒ CSSのコピペだけ!おしゃれな見出しのデザイン例まとめ68選(外部サイト)

 

ポイント③:適切な位置で改行を入れる

 

改行がない文章はメリハリがなく、読みづらいです。

 

下記は「改行のない文章」と「適切な改行を入れた文章」の例です。

 

改行のない文章

記事を見やすくするポイントはいくつかありますが、なかでも適切な箇所で改行を入れることはとくに重要です。改行がないと文章が見づらくなりますので2行~3行ぐらいで改行を入れていくようにしましょう。良い文章とは最後まで読まれる文章なのですが、改行がないと記事が見づらく読者が途中で脱線してしまいます。なので適切な箇所で改行を入れ、読みやすい文章を目指しましょう。

 

適切な改行を入れた文章

記事を見やすくするポイントはいくつかありますが、なかでも適切な箇所で改行を入れることはとくに重要です。

改行がないと文章が見づらくなりますので2行~3行ぐらいで改行を入れていくようにしましょう。

良い文章とは最後まで読まれる文章なのですが、改行がないと記事が見づらく読者が途中で脱線してしまいます。

なので適切な箇所で改行を入れ、読みやすい文章を目指しましょう。

 

2つは全く同じ文章ですが、改行がある方が読みやすいですよね。

 

2~3行ぐらいで改行を入れるように意識すればOKです。

 

ポイント④:漢字とひらがなのバランスを考える

 

漢字が多すぎても、ひらがなが多すぎても、読みにくくバランスの悪い文章になります。

 

下記が「漢字が多い文章」と「ひらがなが多い文章」の例です。

 

漢字が多い文章

文章を書く際に漢字と平仮名の割合を考えて書く事が重要。漢字が多過ぎる文章は固く難しい印象を相手に与え、平仮名が多過ぎる文章は間が抜けた印象を相手に与えます。漢字三割、平仮名七割を意識して文章を書けば読み易い文章になります。

 

ひらがなが多い文章

ぶんしょうを書くときにかんじとひらがなのわりあいを考えてかくことが重要。かんじがおおすぎる文章はかたくむずかしいいんしょうを相手にあたえ、ひらがながおおすぎるぶんしょうはまがぬけたいんしょうを相手にあたえます。かんじ3わり、ひらがな7わりをいしきして文章をかけばよみやすい文章になります。

 

どちらも読みにくいですよね...

 

漢字3割、ひらがな7割ぐらいを意識するとバランスの良い文章になりますが、細かくこだわり過ぎず、読者が読みやすい文章になっているか?という視点でチェックすればOKです。

 

ポイント⑤:重要なポイントは太字にする

 

重要なポイントは太字にしましょう。
 

① 文章を書くときに大切なのは重要なポイントを太字にするということです。

② 文章を書くときに大切なのは重要なポイントを太字にするということです。

 
②の太字を使っている方が文字が目に飛び込んできやすいですよね?

 

太字にすることで文字が強調され、大事なポイントが読者に伝わりやすくなります。

 

ただ、何でもかんでも太字にしてしまうとどこが重要なポイントか分かりづらくなりますので、大事なポイントだけ太字にするようにしましょう。

 

ポイント⑥:装飾やボックスをうまく使う

 

装飾やボックスを使うことで、ずらずらと単調に文章を書くのに比べて、メリハリが出て読みやすくなります。

 

 装飾の例

 

マーカーで協調

 

吹き出しで会話調に

 

これはクリップメモ

 

ボックスの例

 

青いボックス

 

黄色いボックス

 

グレーのボックス

 

装飾やボックスのデザインは、使っているWordpressテーマによって異なるので、オシャレな装飾やボックスで見やすいブログにしたいという人は有料テーマがおすすめです。

⇒ ブログにおすすめのオシャレな有料WordPressテーマ5選+2【サイト見本あり】

 

ポイント⑦:カラフルにし過ぎない

 

学生のときに蛍光ペンやマーカーでやたらめったらラインを引きまくったノートの人がいませんでしたか?

 

そういう人に限って大抵あまり勉強が出来ないですよね。笑

 

カラフル過ぎる文章の例

文章をカラフルにし過ぎるとどこが重要なポイントか分かりづらくなる為、色を付けて強調するときは重要なポイントだけに色を付けるようにしましょう。

↑ 目がチカチカして見にくいと思います。笑 

 

文章をカラフルにし過ぎるとどこが需要なポイントかが分かりづらくなるため、重要なポイントのみ色を付けて強調することが大切です。

 

ポイント⑧:適切な画像を挿入する

 

人は文字よりも絵の方が情報を処理するスピードが早いと言われています。

 

画像を有効に使うことで視覚的に分かりやすい文章にすることが出来ます。

 

画像は適切な位置に文章の内容と合った画像を入れることが大切なのですが、僕はいつもH2見出しのあと(場合によってはH3見出しのあとにも)に画像を挿入するようにしています。

 

フリー画像サイト「O-DAN」を使えば無料でおしゃれな画像がたくさん見つかります。

⇒ ブログに使うフリー画像サイトは「O-DAN」ひとつで充分な5つの理由

 

まとめ:ポイントを押さえて見やすいブログ記事に

 

今回はブログを見やすくするポイントについてお話させて頂きました。

 

これらをちょっと意識するだけで劇的に文章が見やすくなります。

 

見やすさを意識して記事を繰り返し書いていけば、自然と読みやすい文章がスラスラと書けるようになりますので、ポイントを押さえて見やすい文章を書いていきましょう。

-ブログ

© 2021 KOUBLOG