ブログ

"読まれる"ブログタイトルの付け方 7つのポイント【実例あり】

2020年6月18日

 

悩める人
なんとなくブログタイトルを付けてるんですが、これで合ってるんでしょうか? 読まれるタイトルの付け方が知りたいです。

 

この記事では、こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • ブログタイトルの重要性
  • 読まれるブログタイトル 7つのポイント

 

本記事の信頼性

当ブログも本記事のポイントを意識してブログタイトルを付けています。

 

ブログタイトル次第で記事を読んでもらえるかどうかが決まる重要なポイントですのでしっかりと押さえましょう。

 

ブログタイトルの重要性

 

本屋さんで山積みされているたくさんの本。

 

面白そうなタイトルの本を見つけて、ついつい手にとってしまったなんて経験が誰しもあるんじゃないでしょうか?

 

ブログも本と一緒でタイトル次第で読むか読まないかを判断されるのでブログタイトルは超重要です。

 

でも目を引くブログタイトルを付けるのってセンスのある人じゃないと難しいんじゃないの?

 

安心してください。ポイントさえつかめば誰でも”読まれる”ブログタイトルを付けることが可能です。

 

読まれるブログタイトル 7つのポイント

ブログタイトルの付け方のポイントは7つです。

  • キーワードを含む
  • キーワードはできるだけ最初の方に
  • 文字数はこだわらなくてOK
  • メリットを伝える
  • 簡単さを伝える
  • 数字を使う
  • インパクトのあるワードを使う

 

それでは1つずつ見ていきましょう。実例を交えながら説明します。

 

ポイント①:キーワードを含む

ブログタイトルの付け方 キーワードを含む

読者は検索エンジンにキーワードを打ち込んで検索をします。

 

その為、検索した読者が関連する記事を見つけられるようしっかりとタイトルにキーワードを含むことが大切です。

 

例えば読者が「チャーハン レシピ」で検索をしたとしましょう。

 

① 本当は誰にも教えたくない秘伝のチャーハンのレシピを公開

② 本当は誰にも教えたくない美味しい焼き飯の作り方の献立を公開

 

①と②はどちらも意味合いは同じですが、「チャーハン レシピ」で検索をした人は自分が検索したワードが含まれている①の方が目にとまりやすいです。

 

SEO・読者目線のどちらの観点からもタイトルにキーワードを含むことが大切です。

 

⇒ 【SEOに効く】ブログ運営に大切な正しいキーワード選定の方法

 

ポイント②:キーワードはできるだけ最初の方に

ブログタイトルの付け方 キーワードはできるだけ最初の方に

 

人間は文字を読むとき左から右に読むという性質があります。

 

そのため重要なキーワードはできるだけタイトルの最初の方にもってくるということが大切です。

 

① 本当は誰にも教えたくない秘伝のチャーハンのレシピを公開

② 秘伝のチャーハンのレシピを公開【本当は誰にも教えたくない味をあなただけに】

 

人はその記事を読むか読まないかを一瞬のうちに判断しています。

 

② の方が「チャーハンのレシピについて書かれている」ということを①よりも早く把握できたんではないでしょうか?

 

ポイント③:文字数はこだわらなくてOK

ブログタイトルの付け方 文字数はこだわらなくてOK

よく「ブログタイトルの文字数は32文字以内にしましょう」などと言われますが、それはひと昔前の話です。

 

Google検索結果 PC
PCでの検索一覧の表示

 

32文字の理由は、上記写真のようにPCで検索一覧を見たとき33文字目以降は「…」と表示されるため、32文字以内に収めたほうが綺麗に見えるというのが理由です。

 

しかし近頃はスマホやタブレットなど様々なデバイスから見られるためその方法が必ずしも正しいとは限りません。

 

Google検索結果 スマホ
スマホでの検索一覧の表示

 

上記がスマホから見た同じ検索結果です。PCよりも長く表示されているのが分かりますよね?

 

スマホの場合画面サイズにもよりますが、40~45文字程まで表示されます。

 

そのため32文字以内にこだわるも、文字数は関係なく読者にとって魅力的なタイトルかどうかという点の方が重要です。

 

長すぎるタイトルはもちろんNGですが、文字数は意識せず「読者ファースト」のタイトルを目指しましょう。

 

ポイント④:メリットを伝える

ブログタイトルの付け方 メリットを伝える

読者がなぜ検索し、記事を読むかというと「疑問や悩みを解消するため」です。

 

その為「この記事を読むと自分にどんなメリットがあるのか?」ということをタイトルの中で伝えることが大切です。

 

例えば「部下 褒め方」という検索をする場合、

・部下に成長してほしい

・部下にやる気を出してほしい

という思いから検索をするはずです。

 

その為、

部下がグングン伸びる上手な褒め方のコツ【モチベーションをUPさせよう】

のようなタイトルだと記事を読むのメリットが伝わりやすいですね。

 

ポイント⑤:簡単さを伝える

ブログタイトルの付け方 簡単さを伝える

 

先ほど記事を読む目的は「疑問や悩みを解消するため」と説明しましたが、難しい方法よりもできるだけ簡単な方法の方がいいに決まってますよね。

 

そのため、

5分で分かる/たったの3ステップ/超カンタン/サルでも分かる/ド素人の僕でも出来た/初心者でもOK/あっという間に/楽チン

など、「簡単に出来そう」と思ってもらえるようなワードを入れると効果的です

 

① ブログタイトルの付け方を分かりやすく解説

② 【超カンタン】ブログタイトルの付け方を3ステップで分かりやすく解説

 

①より②の方が簡単に出来そうな気がしてきませんか?

 

ポイント⑥:数字を使う

ブログタイトルの付け方 数字を使う

数字を使うことでより具体性が増し、説得力がアップします

 

例えば「ダイエット 成功 コツ」というキーワードでタイトルを付ける場合、

 

① デブだった僕がダイエットに成功したコツを解説

② デブだった僕がたったの1カ月で15kgのダイエットに成功した3つのコツを解説

 

①はなんだかぼんやりしていますが、②の方具体的な数字が使われており説得力がありますよね。

〇つのコツ/〇つのポイント/たったの〇ステップ/〇つの方法/〇つの法則/〇選/〇つの理由/〇つのパターン/〇倍増えた/〇分で

このあたりが数字を使うときに、使いやすいワードです。

 

ポイント⑦:インパクトのあるワードを使う

ブログタイトルの付け方 インパクトのあるワードを使う

インパクトのあるワードを使うことで読者の目を引き、興味を持ってもらいやすいという効果があります。

 

【】などでくくり、目立たせるのも効果的ですね!

 

必見/絶対/秘訣/究極の/断言/必須/要注意/一瞬で/最新/永久保存/確実に/必ず/超絶/ズバリ

このあたりがインパクトのあるワードです。

 

試しに「ギター 初心者」というキーワードでタイトルを付けてみましょう。

 

① 初心者でも分かるギターの始め方を分かりやすく解説

② 【初心者必見!】5分で分かるギターの始め方を分かりやすく解説

  

②の方が「必見」というワードを使っており、興味を引きやすそうですよね。

 

まとめ:良いブログタイトル=読まれるブログタイトルです

 

この記事では読まれるブログタイトルの付け方のコツについて解説しました。

 

良いブログタイトル = 読まれるブログタイトルです。

 

いくらお洒落でかっこいいブログタイトルを付けたとしても、記事を読んでもらえなければタイトルとしての役割を果たしていません。

 

ポイントを7つ紹介しましたが、「どんなタイトルであれば読者に興味を持ってもらえるか?」ということを常に意識してブログタイトルを付けましょう。

-ブログ

© 2021 KOUBLOG